患者様の声

お喜びの声、第26号!(僧帽弁閉鎖不全症の手術をうけたパトちゃんのご家族から)

2018年10月21日 (日)

お喜びの声をいただきましたのでご紹介させていただきます!
12才で僧帽弁閉鎖不全症の手術を受けたジャックラッセルテリアのパトちゃんです!

1:心臓手術を終えた率直なお喜びやご感想をお聞かせください。これまでの闘病生活なども含め、具体的に
書いてくださると幸いです。

最初は手術を考えていませんでした。12歳で心臓も肥大しているとの事だったので、内科治療で行こうと思っていました。
ですが、ネットで病気の症状を調べたり、動画で症状が出ているワンちゃんを見た時、苦しむ姿を見たくないし、苦しませたくないと思い、又、1日でも長く一緒にいられることを望みましたので、外科治療の手術を決心致しました。
幸い我が子は、1度の発作が出ただけで、内科治療を受けながら手術順番を1か月ちょっと待っただけで手術を受けられましたので、これまでの闘病生活と語れるようなものは有りませんでした。
ただ、我が子は良く笑う子で、嬉しい事や楽しい事等が表情に出やすいのですが、病気を発症した後はいつも元気がなさそうで、顔の表情がなくなっていました。
手術日まで安静に、症状が悪化しない事を祈りながら過ごしていました。
病気を知ってから手術を決心するまでは4週間を要しましたが、それでもまだ決断するには早い方だったのではないかと思っています。
早い決断が功を期したと思っております。
手術を終えた今、本当に手術を選択して良かったと思っています。

2:当院をどのような理由で選びましたか?また、気に入ったところがありましたか?

大阪の主治医からの紹介で知りました。
出来れば大阪で手術を受けたいと思い、主治医に相談しましたが「実績のある確かな腕の先生しか僕は紹介しない。」
と頑なでした。
大阪の主治医は愛想もなく、言葉にオブラートを包む事もしない先生なのですが、動物への愛は深く、研究熱心でオタク気質(私が勝手に思っています。)そのオタク気質の分析好きな先生のデータを信じてみようと思いました。
「茶屋ヶ坂動物病院なら安心して送り出せる。」と言われていたので、主治医を信じて名古屋まで行く決心をしました。
先生はじめ看護師さんも親切で丁寧でした。手術費の中に、1か月検診費、3か月検診費が含まれているのはすごく有難いです。

3:当院へのご意見や要望などがあればお聞かせください。

HPの「患者様の声」「退院ブログ」の更新をして欲しいです。
貴院で手術を受けようか悩んでいた時、HPを見て最新の情報を得たいと思って見ていましたが、更新が止まっていたのが残念でした。
お忙しいとは存じますが、不安を抱えた人の背中を押してくれるものになると思いますので、更新をこまめにして頂きたいです。
宜しくお願い致します。

ご意見、ご感想ありがとうございました.

カテゴリー: 患者様の声