医院ブログ

マルちゃん

2014年5月19日 (月)

こんにちは。つつじがきれいに見頃を迎えていますね。お散歩にはちょうどいい季節で、うちのわんちゃん達も毎日気持ちよさそうに見えます。

 

5月11日日曜日、三原先生と佐藤先生が福岡県・ペットクリニックハレルヤで出張開心術へ行ってきました。以前もご紹介したように、九州でも心臓の手術が行えるようにと、ペットクリニックハレルヤ総院長の平川先生が昨年より始められた心臓外科チームに当院も参加しております。

スクリーンショット 2014-05-19 12.26.21写真は福岡空港です。飛行機出張です!

今回はハレルヤ平和病院長のワンちゃんが患者さんでした。つい先日まで心臓は全く問題なかったのですが、突然心臓の弁を支える腱索というひも状の部分が断裂し、肺に水がたまってしまう肺水腫を発症し手術することになりました。

心臓が悪くなってから日が浅かったため、術後の回復も良く、とっても元気になっているそうです。心臓手術は大掛かりな手術となるため、体にかかる負担は多く、元の体が弱ってしまっていると手術自体を受けることができません。手術タイミングはいつがいいかと議論されている段階ですが今回のように比較的早い段階での手術であれば、合併症が少なく、回復がスムーズであるのも事実です。

心臓が悪いと言われた、逆流がある、弁膜症・MRと診断されたなどご心配がありましたら、是非一度ご相談下さい。心臓の外科手術は根治的治療としての確かな選択肢の一つになりつつあります。

スクリーンショット 2014-05-14 11.13.52

手術後の写真です。みんないい顔しています。やっぱり嬉しいですよね。

 

 

カテゴリー: ブログ