茶屋ケ坂動物病院

一般診療から心臓・外科疾患の高度医療まで対応

深夜12時まで夜間緊急診療体制を撮っています。緊急時にはご連絡下さい。052-773-1866

院長あいさつ

院長 金本 勇

当院は小動物診療を専門として開院してから、47年目になります。この間に日本の小動物の獣医学は著しく進歩しました。これには主としてアメリカの獣医学の導入によることが大きかったと思われます。私はこのアメリカの獣医学を積極的に採り入れるだけではなく、さらに先んじた人医学を小動物の診療に採り入れてきました。私はこの方針を通じて学んだ多くの新しい技術を病んだ動物達に還元してゆくことが責務と考えています。

当院は犬と猫を中心とした通常の一般診療を行っております。私は「獣医循環器学会・認定医」と同時に「日本獣医麻酔外科学会・小動物専門医」でもあり、特に当院の最も得意とするものは「外科」と「循環器」です。中でも「心臓外科」は日本でも有数の病院であると自負しています。先天性心疾患である「動脈管開存症」と「肺動脈狭窄症」を日本で初めて当院で成功させています。また後天性心疾患の代表である「僧帽弁閉鎖不全症」の僧帽弁形成術では世界で初めて成功させています。このため、近隣はもとより全国の獣医師からも心臓病の相談と依頼を受けています。

当院の目標のもう一つは、「地域のペットオーナーの皆様に愛される病院」であることです。このために勤務医の交代制により「夜間緊急診療体制」(深夜12時まで)をとっています。緊急を必要として困っている動物達に少しでもお手伝いできることを喜びとし、これを通じて地域の皆様に愛される病院になりたいと念じています。

今後とも微力ながら勤務医と一緒にさらに努力してゆく所存ですので、よろしくご支援をお願い申し上げます。

院長 金本 勇

 

院長 紹介

略歴

昭和40年 鳥取大学農学部獣医学科卒
昭和54年 名古屋大學より農学博士号授与
同上 医学部胸部外科入局(現在に至る)
平成元年 同上 医学部非常勤講師(現在に至る)
平成13年 中部小動物臨床研究会設立(代表)
平成14年 獣医循環器学会・認定医
平成17年 獣医麻酔外科学会・小動物専門医

所属学会・研究会

  • 獣医麻酔外科学会・名誉会員
  • 日本小動物外科専門医協会・名誉会員
  • 日本獣医循環器学会・理事
  • 日本獣医学会・評議員
  • 動物臨床医学会・評議員
  • 中部小動物臨床研究会・顧問(前代表)
  • 日本獣医師会・日本小動物獣医師会・日本胸部外科学会・会員