専門医の説明

獣医循環器認定医制度とは

獣医循環器認定医制度とは イメージ画像獣医循環器認定医制度は、日本獣医循環器学会によって設立された制度です。この制度は、高度かつ広範な専門知識と実践能力を備えた、国際水準の動物循環器スペシャリストの育成を目的としています。

獣医循環器認定医は動物の循環器学に関する専門知識を有し、指導的役割を果たすことのできる者として日本獣医循環器学会によって認定された獣医師です。臨床経験5年以上かつ学会員歴5年以上で、学会評価基準を満たすレベルの循環器臨床の修練を積み、所定のカリキュラムを全て履修している者が申請することができ、さらに資格審査に合格した者だけが認定医を称することができます

また、認定医は5年ごとに資格更新が必要で、論文投稿や学会活動も義務付けられており、認定医としての技術や知識・能力などの質が維持されます。平成28年度までに全国で104名の獣医循環器認定医が存在し、うち2名が当院の常勤獣医師です。また、当院で修練を積んだ出身者からも数多くの獣医循環器認定医が誕生しています。

循環器専門医になるまでの経緯

経緯
2005年3月 鹿児島大学農学部獣医学科卒業
2005年4月 茶屋ヶ坂動物病院勤務
2009年4月 日本獣医循環器学会入会
2016年4月 獣医循環器認定医取得

治療方針として心がけていること

  • 無差別かつ平等で最善の医療を提供する立場にたち、動物やそのご家族様のさまざまな権利を大切にし、その実現のために最大限の努力を行います。
  • 診療の過程や資料により得られた動物やご家族様の情報は無条件に保護されます。
  • ご家族は病院に対して意見、要望を述べる権利があります。他方、私どもはこれに傾聴し、改善する努力を行います。
  • 動物を自分の宝物のように大切に思い、深い愛情を持って接します。
  • 診断や治療は必要十分かつ最小限に行います。当然ながら不必要な検査、無意味な治療、無駄な医療費によって、動物やご家族に無用な負担を決してかけないよう心がけています。
  • 医学文献、獣医学文献、学会などから常に最新の情報を手に入れ、動物にとって最適かつ科学的根拠にもとづいた正しい治療方法を提案し、実践するよう心がけています。
  • ご家族様は病気や治療についてよく知り、公平・良質・安全な医療行為を受ける権利があります。病状や治療方針の説明に際しては、簡単な図なども提示し、分かり易くお話しするように心がけています。私どもの説明の不手際によって動物やご家族が決して不利益をこうむることが無いよう、細心の注意を払っています。
  • ベテラン獣医師が必ずチェックやフォローを行い、診断や治療方針が絶対に間違えることが無いよう配慮しています。
  • 治療方針はご家族と相談して決め、ご家族の希望や考え方、倫理観、ライフスタイル、経済状況に沿うように治療をすることを心掛けています。治療を強要したり、ご家族の同意も無い治療に対して対価を要求することは決してありません。
  • ご家族は提示された治療法を選択、または拒否する権利があります。一旦同意しても、処置が開始されるまでは同意を撤回することができます。
メールでの相談