医院ブログ

ピコタンちゃん退院おめでとう!!

2014年12月20日 (土)

こんにちは 皆様クリスマスプレゼントはもう選びに行かれましたでしょうか?

つい先日、私も恥ずかしながら、時間を忘れるぐらい夢中になって選んでおりました。

12月ならではの楽しみですね(笑)

 

さて今回は11月6日に僧帽弁形成術をうけて、あっという間に退院できたピコタンちゃん

のお話です(*^^)v

 

ピコタンちゃんは今年に入ってから2度も急性肺水腫になり生死の境をさまよいました。

急性肺水腫とはまず、心臓が悪いせいで肺に全身に送る血液がたまり、呼吸がうまくできなくなります そして、陸にいるのに溺れてしまうような状態になって、そのままにしておくとあっという間に亡くなってしまうとても恐ろしい状態のことです。

そんなとき、当院を受診していただき、僧帽弁閉鎖不全症(MR、弁膜症ともいいます)が肺水腫の原因と解りました。 このブログでも多く紹介している高齢の小型犬に非常に多い心臓病です ピコタンちゃんも非常に重症で心臓は限界ギリギリでした。

オーナー様の一大決心で手術を行いました。

というものも・・・

心臓を一時的にとはいえ完全に止めて行う手術なので、術後様々な困難がある場合もあります。また入院期間が通常の手術に比べ手も長いことが多いのですが、その中でもピコタンちゃんはみるみる見違えるぐらい元気に平凡な手術と同じように順調に回復していきました。

毎日面会に来てくださったご家族の強い想いが届いたんですね。

恒例の記念写真です!!Y(>_<。)Y

ぴこ

 

ピコタンちゃん本当におめでとう!!

カテゴリー: ブログ